Noah

デパートの煙突に 引っかかった風船が
足元の影に重なるまで あと少し
そうだ絵を描こう 夜になる前に 朝が来たら
ふんわり 思い浮かんだことを忘れる

まるっきり 流されそうになっても
きっと ノアの運ぶ舟が
きっと ノアの方舟が
いつか 迎えに来てくれる

デパートも煙突も 連なった夕暮れは
そばに 置き去りにされた人を抱えてる
いま新しい 建物を 建設中で
隣のビルは 近々取り壊し

まるっきり 流されそうになっても
きっと ノアの運ぶ舟が
きっと ノアの方舟が
いつか 迎えに来てくれる

まるっきり 流されそうになっても
きっと ノアの運ぶ舟が
きっと ノアの方舟が
いつか 迎えに来てくれる